映画「植物図鑑」のあらすじと感想【ネタバレなし】

 

「別れる男に、花の名を一つは教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます。」

 

「図書館戦争」など様々な人気作を生み出している作家有川浩さんの新映像作品「植物図鑑」。

ミリオンセラーとなった小説が原作の映画です。

とにかく最初から最後まで、胸キュンしつづけるという魅力的な作品。

そんな「植物図鑑」の簡単なあらすじとこの作品のみどころを紹介していきます!

 

 

◼ あらすじ

「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか?咬みません。躾のできた良い子です。」

ある日、道端に “ 落ちていた彼 ” から突然言われた言葉。

お仕事に疲れ果てた主人公の河野さやかは、ひょんなことから道端で出会った彼を家へ招き入れることになった。

雑草に詳しく、穏やかで爽やかな好青年の樹。

真面目だけど、のほほんとしていて元気いっぱいの河野さやか。

そんな2人の共同生活が幕を開ける。

毎日楽しく2人で料理を作ったり、散歩に出掛けたり、雑草を摘みにいったり。

幸せムードいっぱいで、凄く微笑ましい2人の時間。

しかし、些細なことから気持ちのすれ違いが生まれ始め2人の間に少しずつ溝ができ、ギクシャクしてしまう。

だが、そこからは目が離せないほどの急展開に発展していくのである。

甘く切ない、そして純粋。そんな2人が送るとても幸せなラブストーリー。

「植物図鑑」の主なキャスト

 

河野さやか(高畑充希)

「高畑充希 植物図鑑 画像」の画像検索結果

画像出典:booklista

特に変わったところもなく、ごく普通のOL。

ある夜、倒れていた青年と出会い、同居生活をすることになる。

 

日下部 樹(岩田剛典)

「岩田剛典 植物図鑑 画像」の画像検索結果

画像出典:ぴあ映画生活

冬の夜にさやかの前に現れた青年。

さやかとの同居生活がはじまり、家事を樹の担当。

野草に詳しく、それを使った料理も得意。

そんな平凡な青年に見えるが実は大きな秘密を抱えており・・・。

 

野上ユリエ(今井華)

「今井華 植物図鑑 画像」の画像検索結果

画像出典:モデルプレス

樹と同じコンビニでバイトをしている女の子。

樹のことが好き?で、たびたび話をしていた。

そんな二人の仲良い姿をさやかは目撃する。

評価と感想

最初から最後まで主人公の女の子を自分とリンクさせて、物語りの中に溶け込むかのような気持ちに浸りながら釘付けになってました。

画面越しから伝わる純粋さに胸を打たれるし、涙が出るほど幸せな空気に自分も包まれちゃいます。

見終わった後も、それはそれは幸せな気持ちになり、あの幸せな気持ちでご飯を3杯はいけるんじゃないかってほど。

全力でキュンキュンしたい女の子には、絶対に見てほしい物語。

道端に“ イケメンな男子 ”が落ちているという、ありえない始まり方が、逆に女心を鷲掴みにされました。

「可愛い女の子が落ちている」という物語はたくさんあるのに、なんで男子verがないんだ!と思ってたので(笑)

凄く穏やかでゆっくりした時間が流れていくお話だからこそ、登場人物が抱いている気持ちを自分の中に落とし込み、直に感じることができる作品だなという印象。

また、都会から少しだけ外れた場所で暮らしている男女2人の様子を見ていると、騒がしい所から抜けて、雑草という普段なら見ることもない物に目を向ける時間を作ってみてもいいかなと思える。

この物語は、普段のありふれた日常の幸せに気付かせてくれるお話。あなたはいつも何かを失ってから、そのものの大切さに気付きませんか?そういう人にぜひ見てもらいたい作品。

「恋愛ってこんなに楽しいんだ!幸せになれるんだ!」ということを、もう1度思い出させてくれました。

 

全力で語っても語り尽くせないほどの魅力的な物語なので、ぜひあなたの目と肌でラブストーリーを堪能して頂きたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です